物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

キーパーラボ・プロショップの違い、比較と選び方

 

前回、「KeePer LABO」にてヘッドライトコーティング施工し、

良さを実感したため

次、ボディコーティングはどこで施工するか?

など考えてたときに調べたことをまとめました。

 

前回記事

www.anzuniki.com

 

 

 

キーバーでコーティングしたい場合、いくつかの選択肢から選ぶ必要がある。

一つ目は、どこで施工するか。

 

キーバーは、「KeePer LABO」と「KeePer Proショップ」のおおまかに2形体あり、

それぞれ運営会社とスタッフのクオリティ、施設の設備が異なります。

 

キーバーLABOのメリット・デメリット

キーバーLABOはKeePer技研株式会社が運営する洗車とコーティング専門店で、

北海道と本州に店舗とトレーニングセンターを構えています。

https://keepergiken.co.jp/company/branch_office

HPを見ると、各店舗のスタッフの顔写真と趣味も確認できます、

https://keepergiken.co.jp/company/staff

これからみてもわかるように、キーバーLABOを選ぶメリットは

確かな技術のクオリティと、自信、充実の設備であると感じました。

施工スタッフはすべて独自の技術検定資格取得者。

よって、納車直後のコーティングや、普段から洗車にこだわりのある方、

上質なサービスを受けたい方はキーバーLABOをおすすめします。

 

一方、デメリットは、

続々増えているとはいえ、全都道府県すべてに施工店がないところ。(全国107店舗)

南関東やお膝元の愛知県には店舗が多いよう。

また、プロショップと比較しての部分になりますが、施工価格に割引がないところも比較の面ではデメリットに感じてしまいます。

 

 

キーバープロショップのメリット・デメリット

一方、キーバープロショップはガソリンスタンドや、

カー用品店など店舗併設で、各店舗が運営。

HPによると、

"一定の施工環境を備えた間違いのないキーパーコーティングを提供する”

としています。

 

キーバープロショップのメリットは、まず店舗数が多いとこでしょう。

ガソリンスタンドに併設してること多いため、現在6403店舗もあります。

また、夏や冬に20%オフのセールをやっており、

キーバーLABOよりお得に施工できることがあります。

 

キーバープロショップのデメリットは、

店舗によって設備のクオリティに差がある点でしょう。

コーティングの施工ブースの有無、

Web予約システムの有無、

最上位コーティングのEXキーバー対応の有無などがあります。

クリスタルキーバーでも2時間ほどかかるので、

待合室の快適さもポイントになると思います。

 

また、施工ブースの広さ、同時に何台施工できるか

という部分も要確認です。

施行日当日、先に施工していた車があった場合、

終わるのを待ってから施工、ということになります。

 

 

 

 

少し脱線しますが、、

ガソリンスタンドなどがキーパープロショップの「看板」を導入するメリットは色々あると思いますが、基本的に集客とサービスの展開による売上アップであるというのは想像に難くないです。

 

アルバイトが適当に施工するからプロショップはクオリティが低いだろう、というのはちょっと安直。

なぜなら、キーパーの検定取得には受験料数万円がかかり、「投資」するならそれなりのスタッフに任せるはずでしょう。

そもそも、キーバープロショップを名乗るためには

「コーティング資格1級」の取得が条件になっているようです。

https://keepergiken.co.jp/about/proshop

ガソリンスタンドの乙四みたいに常駐していればいいみたいなことではないと思います…(?)

不安要素があるなら、キーパーの施工技術コンテストに出場してる店舗、受賞店舗を選ぶのも良いでしょう。

そのような店舗は、施工台数も多いでしょうし、モチベーションも高いのかなと思います。

 

話を戻しまして、

キーパープロショップの設備の差の部分ですが、

ガソリンスタンド併設の場合、施工ブースが無かったり、純水設備がなかったりする場合があります。

待合室のスペースも含め、心配要素がある場合は、遠くても他店やキーパーラボにするのも検討されたい。

クリスタルキーパーでも2時間以上かかるため、代車ない場合は時間潰すのも大変です。

設備はキーパープロショップのサイトで確認できます。

https://keepercoating.jp/proshop

 

 

 

 

 

 

キーパープロショップの選び方

 

キーパープロショップに決めたけど、どこのキーパープロショップにしようかと迷っている場合、個人的におすすめの選び方を紹介します。

 

手洗い洗車割引のある店舗にする

f:id:ANZUNIKI:20221126110142j:image

(キーパーHPより)

キーパーのコーティングはノーメンテだが、定期的な洗車は必要になります。

洗車機に入れて洗車も可能だが、せっかくならキーパーの手洗い洗車を利用したい。

キーパーコーティング施工車は特別価格(割引)で手洗い洗車を受けられるが、店舗によっては独自会員価格サービスの組み合わせでさらに安くなる場合があります。

 

関連記事

www.anzuniki.com

 

 

割引やクーポンがある店舗を利用する

 

ガソリンスタンドでキーバーコーティングをやっているところでは、

キーバーコーティング施工すると、次回コーティングが切れる期限まで

燃料の割引やクーポンが発行されます。

会員価格、タッチ決済、キーバー施工割引でリッター10円近く安くなる場合もあります。

 

結局どこで施工した?

さて、結局どこで施工したかというと、

ガソリンスタンドのキーバープロショップです。

理由は、シンプルに価格です。

コーティング施工割引と燃料割引が決め手でした。

また、キーバーラボも利用したことがあり、

キーバープロショップとどれくらい違うのか試してみたかった、

という部分もあります。

次回は、施工して車がどう変わったか、についてになります。

今回は以上です。