物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

EOS R6 Mark II発売に合わせてRFレンズがフォーカスブリージング補正機能対応ファームウェアを公開

EOS R6 Mark IIが2022年12月15日に発売になりましたが、それに合わせてRFレンズのファームウェアが公開されたようです。

主にフォーカスブリージング補正機能が目玉。

 

フォーカスブリージングは動画撮影時、ピントを移動させると画角に変化が生じるというもの。

これは写真用レンズで起こることで、シネレンズなど映像用のレンズでは出にくいとされています。

 

フォーカスブリージングといえば、SONY α7IVが補正機能を搭載したのが記憶に新しいです。

近年の一眼ムービーのオートフォーカスが高性能、高速化、

すると、極端なピント位置移動の多用時にもそのまま連続撮影可能になり、

フォーカスブリージングが気になる人も増えてきた、そんな印象です。

 

 

機能を聞くと、動画だけではなく写真時にも有効なのでは?と思ったところにこの記事。

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00622/00003/

NikonのZレンズは、当初からフォーカスブリージングを意識した設計となっており、Nikonはレンズメーカーだなと感じさせられます。

 

 

RF14-35mm F4 L IS USM ファームウェア Version1.0.3
https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/rf1435f4l-firm.html 

RF15-35mm F2.8 L IS USM ファームウェア Version1.0.8
https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/rf1535f28l-firm.html

RF24-70mm F2.8 L IS USM ファームウェア Version1.0.8
https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/rf2470f28l-firm.html

RF70-200mm F4 L IS USM ファームウェア Version1.1.1
https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/rf70200f4l-firm.html

RF70-200mm F2.8 L IS USM ファームウェア Version1.1.4
https://cweb.canon.jp/drv-upd/eosd/rf70200f28l-firm.html

 

最新のレンズは高性能で高速(オートフォーカス)ですが、やはり高額でもあります。

そんなフォーカスブリージングを気にするプロユーザーの実際の機材は、豊富なEFレンズ資産(orレンタル)の印象がいまだにありますが最近だとどうなんでしょうね。

 

かなり前、MV撮影現場に行ったときは、

FS7にスピードブースターかまして、

EFレンズ(70−200mm f2.8など)使ってました。

 

いまでも4Kクロップされる機種など、使えそうなアダプターではあります。

 

旧モデルR6の中古価格がどれくらい下がるのか。