物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

Canon EOS R10 ISO 高感度ノイズ

EOS R10購入

話題の(?)EOS R10を購入したので色々試しています。

最新のCanon APS-Cの高感度はどれくらい使えるものなのか、簡単にテストしました。

Lightroomのキャプチャで恐縮です。

 

R10の高感度ノイズ

拡大Verです。

ISO100から32000まで。

ISO32000引きです。

Lightroomでカラーノイズを除去しました。


全体がこちら。

 

EOS R10 高感度作例

かる〜く比較しての感想

Canon EOS R10 とレンズはきっとレンズの「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」を使用した検証でした。

普段フルサイズ機を使ってる私としては、久々に感じたノイズでもありましたね。

かつてノイズに悩んてた過去を思い出したというか…。

 

今回の検証で、猫の作例のISO25600は結構キツイかなというのが本音だったので、

ISO AUTOの上限は「ISO12800まで」とすることにしました。

キットレンズの望遠側がF6.3と暗いので、明るいレンズを使えばISO12800でもじゅうぶんいけそうです。

ただ、この「RF-S18-150mm F3.5-6.3 IS STM」は、コンパクトで軽量ですごく使いやすいのでEOS R10に付けっぱなしになりそう。ボディとのバランスもよいし。

 

今回は以上です。

 

 

 

互換バッテリーはあくまでもスーパーサブ用推奨。

こちらのバッテリーでEOS R10はエラーなく動きました。