物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

ラゲッジルームマット(N121-V0-381 マツダ NCロードスターオプション)の代用品を自作します

お疲れ様です。

 

 

 

NCロードスター(RHT)の特徴としてトランク室(ラゲッジルーム)が意外と大きく荷物が載る、

というのがあります。

 

リトラクタブルハードトップなのに、収納してもトランク室を圧迫、占領しないよう、うまくできているようです。

 

ただもちろん、ゴルフバッグは乗りませんが。

 

そんなNCですが、 通常、トランク室にアンダーカバーはありません。

 

NCロードスターのオプションカタログをみると、

f:id:ANZUNIKI:20211207235346p:image

 

ラゲッジルームマットというものがありました。

https://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/carlife/accessories/support/info_lib/history/common/pdf/ac-catalog/roadster/roadster_0810.pdf

 

価格もなかなかですが、もそもそ現在売ってるはずもなく、、

ということで代用DIYできないか探してみました。

 

・方法1 プラダンでDIY

家にプラダンがかなり余っていたので、こちらを利用しての自作を考えました。

しかし、トランク室の中央の一段低くなっている部分、

実は3方向ならの段差で、残り一つはトランクの壁側となっており、

板状で蓋をするにはプラダンのような少し柔らかい素材ではたわんでしまって難しい、

という結論になり保留。

 

 

 

 

 

・方法2 すのこ

ホームセンターにある押し入れ用のすのこがラゲッジルーム下のスペースをカバーするのにジャストサイズでした。

売っていたのは330×750×28mmの2枚組。300円ほどです。

強度もそれなりにあるので上に荷物を置いても問題ありません。

ただいかにも「すのこ」!

隙間も気になるため一応保留。

 

 

 

 

・方法3 スチールワイヤーラックの棚版ボード

こちらもホームセンターにあるやつ。

スチールラックの棚面に使う硬いボードです。

塩化ビニル樹脂製。76×46cm用。

こちらは質感も良く、硬さもちょうど良いが微妙にサイズが足りない。 使えなくはないレベルですが。

 

もう一つ大きいサイズもありますが、ボードの取り外しや、下のものを取り出す際の利便性を考えて小さいサイズにしました。

 

 

 

結果 すのこと棚板ボードを重ねて使う

f:id:ANZUNIKI:20211209195732j:image
f:id:ANZUNIKI:20211209195730j:image

両方買ってもセールで1000円程度でしたのでどちらも買って重ねて使うことにしました。

洗車道具や車検証など普段使わないものはカバーの下に入れることでスッキリしました。

 

今回は以上です。