物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

iPhoneで4k 60pで撮影したときのデメリット

前回の記事の関連です。

 

www.anzuniki.com

 

最近4k60pにハマっている?わたしですが、

いままで気がつかなかったiPhone 4k 60pについての記事です。

 

iPhone13 Pro Maxで4k60p記録するとレンズの切り替えができない

 

iPhone Proシリーズだと3眼カメラで通常の広角レンズと超広角、望遠レンズがあります。

広角レンズ状態で4k60p記録すると超広角レンズへの切り替えはできませんが、ズームはできます。

ただこのズーム、ゴリゴリの広角レンズからのデジタルズームなんです。

今まで気にしたことありませんでしたが、明らかに劣化が目立ちます。

レンズが切り替わってないなあとは思っていたんですがね。

ちなみに4k30pだとピンチ操作でレンズが切り替わってズームや超広角に切り替わりました。

 

4k30pの暗所でも同様に広角レンズからのデジタルズームになる

 

とはいえ、

室内での撮影や夜間など暗所での望遠レンズの撮影は、4k30pでも広角レンズからのデジタルズームになることがあります。

広角レンズがf値が小さいから納得なんですが、純正レンズでも手動で切り替えできるとよいなと感じました。

 

 

 

純正レザーケース使っていましたが、水に弱いのと、

ショルダー紐の汎用フックがつけられない都合でオッターボックスのケースに落ち着きました。