物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、カメラブログです。

DJI Osmo Pocketに対抗?GoPro HERO 7がバージョン1.61アップデートを実施!結局どっちがいいのか考えます

お疲れ様です。あんずさん📷 (@aNzUc) | Twitterです。

 

先日のエントリーではDJI  Osmo pocketとGoPro Hero7についてを書きましたが、

 

www.anzuniki.com

 

今回もその関連記事になります。

 

話題のDJI Osmo Pocketですが、

 

対抗して(?)Gopro がバージョンアップデートを行いました。

 

 それを踏まえた上でどっちがいいのかを考えたいと思います。

 

 

 

 

 

 

◼GoPro HERO 7がバージョン1.61アップデートを実施!

 

Gopro HERO7 Blackに更新プログラムがきました。

 

更新内容は下記のとおりです。

 

f:id:ANZUNIKI:20181215091949p:image

 

 


f:id:ANZUNIKI:20181215091937p:image

 

特にHyperSmoothの性能向上は、DJI Osmo Pocketに対抗した感じがあって

 

いいですね(?)

 

 

 

 

実際に更新してみました。


f:id:ANZUNIKI:20181215091945p:image
f:id:ANZUNIKI:20181215091942p:image

 

 

 iPhone上で行えるのでとても簡単です。

 

上部の時刻を見ていただけるとわかるのですが、数分でアップデートは終了しました。

 

 

 

◾️バージョン1.61ではどう変わったのか

 

実際にはどのくらい変わったのか、というところですが、

 

drikinさんの動画が参考になりますね

 

www.youtube.com

 

 

一番変わったのが「色味」という感じはしますがw

 

手ぶれ補正に関しましては元々かなりいいので

 

あまり変化はないような気がします。

 

肝心の夜間時の手ぶれ補正ですが、

 

振動感のあるブルブルとしたブレがあった1.51に対し、

 

1.61ではかなり改善されています。

 

その代わりに画面全体として揺れを感じますね。

 

「ブレ」という面では「悪化した」という印象はありますが、

 

違和感はなくなった、という認識でいいでしょう。

 

 

◾️DJI Osmo Pocket実機ファーストインプレッション

 

 

店頭にもデモ機が展示され始めたので、実際に触ってきました。(画像無しw)

 

第一印象は「小さい、軽い」でした。

 

あとは、GoProに慣れてるので物理ボタンの押しやすいということw

 

ボタンを押すとボディが振動するのは面白いなと思いました。

 

GoProもですが、設定等はタッチパネルで行います。

 

感度もよく、扱いやすいと感じました。

 

◾️DJI Osmo Pocketの画面はかなり小さい

 

実機触って思ったのですが、

 

やはりOsmo Pocketのディスプレイはかなり小さいです。

 

GoProよりも小さく、ボイスレコーダーくらい、あるいはそれ以下のサイズなので、

 

正直構図をしっかり決めて撮影したい場合はスマートフォンが必須でしょう。

 

◾️Osmo Pocketのポテンシャルを最大限に引き出すためにはスマートフォン接続が必須

 

Osmo Pocketとスマートフォンを接続し、

 

DJI Mimoというアプリを使うことで

 

Osmo Pocketの機能をフルで使うことができます。

 

どの機能を撮影を使いたいか、ということろにもよりますが、

 

本体単体で全ての機能が使えるGoPro Hero7のほうがお手軽感はありますね。

 

 

◾️Osmo Pocketにわざわざスマートフォンを接続するくらいならスマートフォンジンバルで十分?

 

スマートフォンとOsmo Pocketをわざわざつなぐなら

 

スマートフォンジンバルで十分かもしれません。

 

価格も安いですし。

 

ただスマートフォンを接続してもOsmo  Pocketはかなり小さく軽いので、

 

それでもOsmo  Pocketに優位性があると感じます。

 

 

◾️アプリDJI Minoは動画編集アプリとしても良い

 

Osmo  Pocketと接続するためのスマートフォンアプリ「DJI Mino」ですが、

 

動画編集も可能です。

 

音楽やフィルター、タイトル、ステッカーなどは今どきの「映え」するいい仕上がりになっています。

 

中でも注目の「MY STORY」機能。

 

プロエディターが作ったテンプレートに動画を挿入するだけで、

 

かっこいい映像が簡単に仕上がります。

 

 

f:id:ANZUNIKI:20181215122914j:image

 

 

 

 ちなみにですが、iPhone7 Plusで試したところ、

 

「4Kはサポートされていませんでした。」

 

というメッセージと共に4K素材は選択できませんでした。

 

一方のGoProは「Quik」という編集アプリがありますが、

 

4K60pに対応してないiPhone7 Plusで試したところ、

 

エラーがでましたが、

 

対応している4K24pでの素材は書き出し可能でした。

 

編集のしやすさや容量的にも1080pがベターでしょう。

 

 

◾️結局どっちがいいのか

 

正直GoPro Hero7とDJI Osmo Pocketを同時に持ち出すこともないですし、

 

どっちか持っていたらどっちは新しく購入しなくてもいいと思います。

 

個人的には15000円程度で購入したスマートフォン用のジンバルは所有していますし、

 

ジンバルが必要な場面ならそちらを使います。

 

DJI Osmo Pocketの画角はスマートフォンに近いですしね。

 

GoProの魅力はやはり画角。

 

狭い空間や旅行先などではこの画角は重宝しますし、

 

友人とセルフィーもしやすいです。

 

デジタル一眼のサブとしてもいいかもしれません。

 

ただ、DJI Osmo Pocketはジンバル一体型カメラとしてのサイズ感は素晴らしいので、

 

悩むところです。

 

 

私の結論としては、

 

GoPro Hero7がおすすめなシーン

・スポーツシーン撮りたい人(単体で防水)

スマートフォンのインカメラの写る範囲が狭いと感じる人(セルフィーしやすい)

・超広角レンズをお手軽に持ち運びたい人(一般的に超広角レンズは大きく重い)

・音質も重視したい人(Hero6からかなり改善された)

 

DJI Osmo Pocket

・小型軽量お手軽ジンバルが欲しい人(ジンバルは大きく重い)

・POVマウントしたい人(小型軽量で圧迫感ない、水平が保てる)

・GoProHero7よりも違和感なくブレを抑えたい人(機械的にブレを抑えられる)

 

 

 

という感じでしょうか。

 

 

 

個人的にはGoProがあるのでとりあえず様子見です!

 

 

 

 

 ご覧いただきありがとうございました。