物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

ライカM→ソニーEマウントアダプターの光漏れ検証

お疲れ様です。

あんず² 先生🅙 (@aNzUc) | Twitterです。

 

f:id:ANZUNIKI:20191213123643j:image

 

マウントアダプター沼、ハマってますか?

私といえば、かつてEOS 5D Mark IIでM42レンズ付けて以来、

沼から抜け出せずにいます。

そんな今回はマウントアダプターの話です。

 

イカMマウントのレンズをソニーEマウントに付けるマウントアダプターを使っています。

使うレンズはライカ沈胴式エルマーや、

クラシックな描写をするという7artisans 35mm f2。

古いレンズだったりフレアが出やすい(?)コーティングのレンズなので

ソニーαで使っていても「まあこんなもんか」と思っていたのですが、

イカM型で撮った時の方がまともに写るのでちょっと検証してみました。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=ad5aIUwAs94

www.youtube.com

 

 

どうやら、マウントアダプターのレンズ装着面にある、

ネジの凹みとライカMマウントのレンズの隙間から

光が入ってくるようですね。

 

レンズマウント遊びするにあたっては

面白い描写を求めているのですが、

今回のケースは自分でコントロールできない分

ちょっと考えものです。

ただ、レンズマウント部分にパーマセルテープを

貼ることでとりあえずは解消するので

そんな感じでだましだまし使ってみるのも良いかもしれません(?)

ご覧いただきありがとうございました。