物欲フォトグラファー

買っても買っても、新しいカメラが気になってしょうがない 日々の苦悩を綴る、節約志向のカメラブログです。

プロカメラマンを辞めて転職する4つの理由

f:id:ANZUNIKI:20200722225554j:image

お疲れ様です。

あんず(@anzuc)です。

 

このご時世(?)、仕事を変える人も多いと思います。

そんな中でプロとしてやっていた人が「カメラマンを辞める理由」はなにか?を考えてみました。

ちなみに私はまだ(?)辞めていません、、、w

ほぼ「異動」したようなものですが、、

 

◼️体力の問題

プロカメラマンはクールな印象がありますが(?)、

実際にはかなり体力のいる業務だと思います。

出張撮影などはカメラ本体、レンズの他にストロボ三脚や照明スタンド、

それが複数台となるとかなりの重さになります。

(工事の出入り業者に近い機材量になる時も)

出張撮影をメインでやっている方の場合、年齢や体調の理由でカメラマンを辞め、

デザイナーやディレクター等に移行される方はもいらっしゃいますね。

www.anzuniki.com

 

◼️趣味にしたいため

業務として初めてカメラを始めた方や、本当に写真の好きな方などは

自分の好きなように撮りたい、上記の体力の問題などで趣味にされる方もいらっしゃいますね。

趣味ならば好き勝手撮れますので。

自分の撮りたい写真でお金にする、という選択肢はありますが現実的にはかなり厳しいでしょう。

 

 

◼️ギャラが安いため

辞めるほとんどの方はこれに該当するのではないでしょうか。

カメラマンという職種は依頼されて受領するタイプの仕事です。

つまりクライアントありきですので、そのクライアント次第でギャラが決まります。

ギャラが良いところではおいしい仕事になりますし、逆は悲惨ですね。

某バリバリのプロのカメラマンが、生活のレベルを落として生活を維持する、というような話をされてました。

バリバリのプロレベルでそれですから、業界全体としても察してしまいます。

2020年夏コロナ過、この状況ではさらに厳しい状況でしょう。

(前に仕事したカメラマンさん元気でしょうか・・)

 

■安定しないため

これはフリーランスでカメラマンやられてる方について、

というかフリーランス全般に言えますね。

カメラマンはフリーランスで始めやすい分、

不安定さも感じやすい仕事です。

コロナ過になる以前でもそうだった印象があります。

あわせて、次の項目の理由にも繋がってきます。

 

 

・趣味の人と競合してしまう仕事は儲かりにくい現実が

「趣味にしたいため」という項目に関連しますが、

カメラを使うカメラマンをという仕事は

資格も必要ないため始めやすく、競合他社が多いです。

しかもそれは趣味の人(ハイアマチュアと呼ばれる人)とも

競合してきます。

 

関連記事

www.anzuniki.com

 

趣味は「赤字」でも問題ないのでその分、機材投資や

スキルアップに時間を使えますね。 

 

 

・誰でも始めやすい仕事はギャラが上がりにくい・・じゃあどうします?

以上の項目のまとめ的な感じになりますが、

競合が多い分安く叩かれてしまうという現状があります。

そんな中でカメラマンを続けるには、

確実な技術力、信頼性、実績、プレゼン能力、関連分野の知識

が必要だと感じています。

この部分でいかに差をつけるかが

他の人より良い仕事を取れる秘訣ということになってきますね。

 

ただ一方で、

 

趣味の人と競合しやすい仕事は、趣味の人のメンターになるチャンスでもあります。

 

その

 

確実な技術力、信頼性、実績、プレゼン能力、関連分野の知識

 

を活かして活動するのも現代ではよくある話です。

 

オンラインサロンや、YouTubeなど

プロのフォトグラファーがたくさん進出しているのは

こういった理由が一つありそうです。

 

今回はここまでです。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 ↑

ポートフォリオにA3ノビ使ってます。

単純に大きいほうがインパクトあっていいですし、

このサイズに印刷してみると見方が変わってきますね。